妊娠線予防のために知っておきたい情報満載です

妊娠線予防クリームで綺麗ママを目指そう!


妊娠周期が進むにつれて、だんだんと膨らんでくるお腹。愛しくもあり、ちょっぴり不安にもなりますね。

 

  • 妊娠線ができたらどうしよう?
  • 一度できたら消えないと聞くし…
  • 妊娠線を予防する方法ないのかな?

 

妊娠線は、できる人とできない人がいます。肌質やお腹のでかたによって個人差があり、一人目と二人目の妊娠でも違います。

絶対に妊娠線のない綺麗なお腹で出産を迎えたい!

そう強く願うのなら「妊娠線ができてしまう原因」を理解し、自分に合った妊娠線対策を行いましょう。

このサイトでは、妊娠線予防の基本から、体質別・部位別・妊娠時期別のケア方法とポイント、妊娠線を消す方法、妊娠線予防クリームの選び方について、詳しくご紹介します♪

 

 

▼ タップして知りたい情報にジャンプ! ▼

 

成分が違う!人気の妊娠線予防クリームはコレです!

妊娠線予防クリームは、ドラッグストアで販売されている市販品と大手百貨店や通販限定で販売れているクリームがあります。

価格帯は1000円~7000円程度と幅広く、コスパ重視で市販品の低価格なクリームを使っている妊婦さんも多いです。

正直なところ、品質と価格は比例していると言っても良いでしょう。

 

安いものはそれなりの品質で、香料や保存料といった添加物がたっぷりと含まれており、肌が敏感になっている妊娠に使うことはおすすめできません。

保湿力のたしかな「妊娠線予防専用に作られたクリーム」を選び、毎日ケアを行いましょう。

 

妊娠線予防は、お腹がふくらみ始める妊娠5ヶ月目よりも前から始める必要があります。

女性ホルモンの分泌量のバランスを崩し、妊娠前よりも体が乾燥しやすく肌が固くなってしまうからです。

 

旦那様から、「まだ始めなくていいのでは?」「そんなに高いクリームを買うなんてもったいないよ」なんて言われるかもしれませんけど、

女性にとって妊娠線ができる・できないは大問題ですよね!

あまりに高価なクリームだと家計を圧迫して何ヶ月も続けて購入できず、途中で挫折してしまう場合があります。

 

大人気『マタニティクリーム(AFC)』


通販限定の妊娠線予防クリームの中でも、

安心の国産・無添加・ベタつきなし・コスパよしと、満足度が高くリピーターが多くなっています。

葉酸配合でさらさらとした質感のクリームなので、ボディクリームを塗るのが苦手な方や初めての方にもぴったり。

 

海外製のこってりボディクリームを使い慣れている方には、少し物足りないと感じるかもしれませんが、

保湿力が高く肌に優しい成分を使っている「ママ想い」なクリームです。

購入者の口コミをまとめましたので、参考にしてくださいね。

 

妊娠線ができる原因を知れば予防対策がしやすくなります!

妊娠線ができる原因は、赤ちゃんが成長してお腹がふくらみ皮膚が引っ張られてしまうからです。

では、皮膚はどんな風にさけてくるかご存知でしょうか?

通常の傷なら表皮の外側から亀裂が入りますが、妊娠線の場合は皮膚の真皮(奥の層)から避けてしまうため、一度亀裂が入ると傷が消えにくくなります。

 

見た目の辛さとともに、痛みや痒みを感じやすくなります。ぜひ予防して、潤いのある綺麗な肌状態を維持しましょう。

原因は1つではなく、妊娠線を作らないように努力していても自然と肌が乾燥してしまう状態になります。

 

初産なら大丈夫・女の子赤ちゃんなら大丈夫なんてことはない!

  • 初産はお腹が大きくならないから妊娠線ができない
  • 女の子だとお腹が大きくなりすぎず妊娠線ができない
  • 体重管理をしていれば妊娠線はできない

こんな話を聞いたことがあるでしょう。「じゃあ私は大丈夫だな」なんて安心してしまったり。

 

嘘ではなくですし、実際に経産婦さんや男の子ママの方がお腹が大きくなりやすく、妊娠線ができやすいです。

太りすぎに注意すれば、皮膚が引っ張られるリスクも減ります。

 

ですが、それだけが妊娠線のできる原因ではありません。

妊娠前から臨月までの間、たった5キロ増えただけの妊婦さんでも、妊娠線ができる人はできます。

なぜ妊娠線ができるのかを知ることで、今後のケア方法と効果が変わってくるはず!

 

ケア方法はどうしたら?妊娠線予防の基本

妊娠線予防は、適当にクリームかオイルを塗っておけば大丈夫?

心のこもっていないケアでは、肌はあなたの気持ちに答えてはくれません。顔のお手入れも同じですよね。

妊娠線予防クリームは、毎日適切な量をぬって保湿しなければ、期待した肌質を保つことは困難です。

 

マッサージをすすめるサイトもありますが、お腹に負担をかけてしまっては少し心配です。自己流で肌を刺激せずに、優しくケアしましょう。

 

大切なのは「妊娠線予防クリームの選び方」「ケア方法」

まずは、数多くある妊娠線クリームの中からどれを選んだらよいのか、じっくり検討してましょう。

妊娠線予防用の製品は、クリームタイプ・オイルタイプ・ローショタイプの3種で、それぞれに良い点・残念な点があります。

  • オイルタイプ・・・保湿力が高いがベタつきがある
  • クリームタイプ・・・保湿力が高いがオイルより持続性が低い
  • ローションタイプ・・・さっぱりとした使い心地だが保湿力が低い

 

使用感の好みや肌質に合ったものをお選びいただくと良いですね。

妊娠中は汗をかいたり肌荒れを起こしやすい状態になるので、ベタつきのないクリームタイプを選ばれる方が多いです。

通販で販売されているものは定期購入するとお得になりますが、もとの値段が高いと何ヶ月も買い続けるのが大変になってしまうので、

最初は1本購入して試してから定期購入することをおすすめします。

 

また、市販で売られている安いボディクリームと妊娠線予防の専用クリームでは、どこが違うのかもチェックしてみてくださいね。

 

体質別に妊娠線予防で気を付けること

体形・肌質・生活習慣によって、妊娠線のできやすさは違います。

背の高い人に比べ小柄な方の方が、お腹の中に赤ちゃんが育つスペースが小さく、前や横にせりだしてしまうのです。

自分がどのタイプ妊娠線対策で、何に気を付けなければいけないのかをチェックしておきましょう。

 

太りやすい体質の方は要注意!

水を飲んでも太ると言われる妊娠中(そんなことはありません・汗)。

妊娠をすると体に脂肪をためやすくなり、妊娠前と同じ量の食事をしていても太りやすいです。

 

それまでスリム体形だった方も、妊娠中期までの急激な体重増加が原因で妊娠線をつくってしまうことがあります。

子供や学生時代など、成長期に太っていた・太りやすかった方は、細胞がそれを覚えているため自分ではコントロールするのが難しいくらいでしょう。

食事の量と食べ方を妊娠初期から注意して、妊娠線予防に取り組んでくださいね。

 

部位別に妊娠線予防で気を付けること

水を飲んでも太ると言われる妊娠中(そんなことはありません・汗)。

妊娠をすると体に脂肪をためやすくなり、妊娠前と同じ量の食事をしていても太りやすいです。

 

それまでスリム体形だった方も、妊娠中期までの急激な体重増加が原因で妊娠線をつくってしまうことがあります。

子供や学生時代など、成長期に太っていた・太りやすかった方は、細胞がそれを覚えているため自分ではコントロールするのが難しいでしょう。

食事の量と食べ方を妊娠初期から注意して、妊娠線予防に取り組んでくださいね。

 

正中線と妊娠線は違います!!

おへそから下腹部にかけて、まっすぐに伸びる茶色っぽい線はできていませんか?

 

妊娠線と間違えてしまいそうですが、これは「正中線」という色素が濃くなってできたもので、皮膚に亀裂が入ったわけではありません。

出産後、数ヶ月以内に少しず色が薄くなっていきますが、

肌のくすみが気になる・早く正中線を消したい方は、正中線の黒ずみ用のクリームを塗ることをおすすめします。

 

詳しくは次の記事でご紹介しています!

 

妊娠前期・中期・後期それぞれの妊娠線予防

妊娠線ができやすい時期は妊娠中期の安定期に入った5ヵ月目以降と言われています。

だからといって、その時期になってからケアを始めても予防できない可能性が高いので、妊娠初期からクリームで肌を保湿する必要があります。

妊娠時期ごとに適切なケアをしましょう。

 

妊娠後期に入ると、それまでよりも速いスピードでお腹が大きくなります。皮膚がひっぱられ、妊娠線ができるリスクが高くなりますよね。

 

保湿は、1日さぼっただけでも後悔する結果になることもあります。

また、春夏の汗ばむ季節と秋冬の肌が乾燥しやすい季節で、ケア方法をかえてあげた方がより予防効果が期待できるでしょう。

それぞれの時期に合った対策を続けてください!

妊娠線ができるピークは人によって違います

妊娠線ができる一番の原因である体重増加。

急激に体重が増えると皮膚が伸びきらず避けてしまうのですが、これが妊娠周期のいつ訪れるかは人によって違います。

 

まだ妊娠初期だからケアしなくて大丈夫!妊娠線ができやすい5・6ヵ月目を越えたから安心!

なんて油断していると、いつのまにか腰や胸の下など自分では見えずらい部分に妊娠線ができてしまうことがあります。

 

下の記事では、妊娠線ができるピークとして多い時期を、その理由とともにご紹介していますので参考にしてくださいね。

 

できてしまった妊娠線を消す方法!

できてしまったらもう消えない!?

妊娠線ができたての人も、ずっと前にできた妊娠線で悩んでる人も、努力を続けば目立たない状態になります。

肌を柔らかく保ち色素沈着を防ぐことで、見た目も質感も美しい肌になれますよ。どうぞお試しください!

 

亀裂が深く、痛みと出血がある場合は治療が必要となります。

産婦人科に相談し、必要があれば皮膚科を受診しましょう。産婦人科の主治医に見せると、薬を出してもらえるはずです。

 

うっすらと妊娠線ができた状態であれば、今使っている妊娠線予防クリームが肌に合っていない可能性があるので、別のクリームに変えてみましょう。

古い妊娠線(肉割れ)については、美肌効果と色素沈着が期待できる専用クリームがおすすめです。

 

出産後もお腹周りのケアをしましょう

産後のお腹まわりは、伸びきった皮膚がしぼんだ状態になりなんとも無残…。

徐々にたるみは戻るけれど、できてしまった妊娠線はケアをしてあげないと色素沈着が心配です!

引き締め効果も期待できるマッサージをしながら、綺麗な肌を目指しましょう。

 

出産すると窮屈だったお腹がスッキリとして、妊娠線はそれほど目立たなくなり「赤み・痛み」は治ってきます。

ですが、亀裂部分に痒みが出てしまいやすく、ひっかいてただれる・傷になる・色素沈着を起こすといったおそれがあります。

 

妊娠線補修のために作られたノコアクリームは、多くの経産婦さんが愛用する人気クリームなのでおすすめですよ。

 

更新日:

おすすめ妊娠線予防クリームランキング

▼ タップして知りたい情報にジャンプ! ▼

Copyright© 妊娠線予防クリームで綺麗ママを目指そう! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.