妊娠線予防のために知っておきたい情報満載です

妊娠線予防クリームで綺麗ママを目指そう!

体質別の妊娠線予防

双子妊娠!妊娠線からは回避できない?

更新日:

双子妊娠線3
双子を妊娠する確率をご存じですか?

妊婦さん全体を100%とすると、二卵性双生児は約1%、一卵性双生児はなんと0.3%ほどなんですって。もはや奇跡としか言いようがありません。おめでとうございます!嬉しいですよね!!

 

と同時に、不安ですよね…。
私も2度の出産を経験しましたが、双子を出産したママ友は尋常じゃないお腹の重みに、臨月はほとんど自宅で過ごしていました。

 

そして恐怖の妊娠線。赤ちゃん1人でも妊娠線ができるのに、双子ちゃんだったら絶対に妊娠線ができてしまうのでしょうか?

ママ友の話を参考に、双子ママの妊娠線対策方法をご紹介します♪

双子でも妊娠線を作りたくない!

双子ママの妊娠線事情

同じ双子ママでも、お腹がどれくらい大きくなるかは皆さん違います。

双子ママのタイプ

単胎(1人妊娠している状態)の場合は、腹囲が90~100cmと言われています。

私はもともとポッチャリな体型だった上、出産までに15㎏近く太ってしまったので、腹囲は110㎝ほどまで広がりました。。

 

双子ママの場合は、一卵性と二卵性で変わってきます。

二卵性双生児の方が、胎胞や胎盤がそれぞれの赤ちゃんに存在するため、一卵性双生児よりも大き目になるでしょう。とはいえ、赤ちゃんの大きさにも個人差があります。腹囲はおよそ110~120㎝くらいになるでしょう。

出生児の体重は、小さ目に産む場合は2000g弱、大きく産む場合は3000g近くになります。極端に言えば、赤ちゃんの重さだけて2㎏以上も差がでています。大きく育てた方の方が、妊娠線ができやすいのは言うまでもありません。

 

私のママ友は、身長が171㎝もあるスポーツマン体型の人で、二卵性双生児を妊娠しました。病院の先生からは、「お腹の中が広いから、赤ちゃんも良く育つだろう」と褒められたんですって。全然褒められている気がしないとママ友は言っていましたが、たくましいママは素敵ですよね^^

帝王切開の予定日まで残り1週間の頃には、赤ちゃんは2500gにまで成長していました。お腹は本当に凄かったです。初めて双子ママのお腹を触らせてもらって、これは一大事だと感じました。腹囲120㎝、足腰の関節が痛かったそうです。

 

妊娠線は出ていたのか…?

 
217332

ビッシリできたそうです(さすがに見せてとは言えませんでした)。本人も諦めているようで、妊娠線よりも赤ちゃんが健康に生まれてくれるかが心配と言っていました。

ただ、ネットで出回っているような大きな亀裂が無数に入った状態ではなく、へその下に5本くらい赤い線が入っただけだそうです。

病院でも、双子を妊娠したにしては綺麗なお腹だと評判だったとか。ママ友はスポーツマンらしい、ストイックな妊娠線対策をおこなっていたんです!

妊娠線対策方法は?

お腹のふくらみを抑えることはできません。体型の変化、体調の変化は怖いけれど、お腹の重みは赤ちゃんが育っている証拠です。ここは辛抱どころですね。

双子妊娠で対策したいのは2つ。

  • お腹を締め付けない
  • 保湿と美肌ケアをする

順番にご説明していきましょう♪

お腹を締め付けない

双子妊娠線2
妊婦のお腹を守ってくれる妊婦帯がありますね。有名なものだとトコちゃんベルト。他にも、戌の日につけるさらしタイプの妊婦帯があります。

 

巻いてみるとわかりますが、赤ちゃんの重みを軽減できる感じがあります。

私も1人目を妊娠した時は常につけていましたが、2人目の時は出かける時のみ使用していました。双子を妊娠していたママ友は、妊婦帯は使っていませんでした。

妊婦帯をする習慣は、日本特有のものです。神社で安産を願ってお参りするのも、独特の文化ですよね。夫婦そろって出かけると心が清らかになるし、赤ちゃんにも想いが届くような、優しい気持ちになります。

 

でも妊婦帯による締めつけは、血行を悪くしたり肌荒れに繋がる可能性があります。

双子の場合は特に、お腹がグイグイと外側に引っ張られていきますから、抑えつけると皮膚が圧迫されて、妊娠線ができやすくなるそうです。ママ友は病院で指導を受けたため、妊婦帯を使わないようにしたんですって。

お腹を守るには、腹巻タイプのマタニティパンツが安心。サイズが合わないようなら、オーバーオールやワンピースに、マタニティタイツを重ね着しましょう。

 

締めつけない事が妊娠線予防になるとは、まさかの展開。双子妊娠は奥が深いですね。。

さて、お次は妊娠線対策です♪

保湿と美肌ケアをする

双子妊娠線
マタニティ専用の妊娠線予防クリームを使いましょう。それも今すぐ、毎日塗ってください。

 

妊娠線予防クリームには、皮膚を保湿するだけでなく皮膚を再生していく力もあります。

「ターンオーバー」という言葉を聞いたことがあると思いますが、皮膚の奥の奥で細胞が作られ、新しい皮膚が表面に上がってくる現象のことです。古い皮膚は角質となり、ポロポロ剥がれていきます。目に見えない顕微鏡レベルの話!

これのターンオーバーに必要なのは、ビタミンCやコラーゲンなど。基礎化粧品に配合されていますよね。これらを惜しみなく配合している妊娠線予防クリームなら、お腹に驚きのシットリ感を与えてくれるんです。

 

つけ心地が優しいクリーム系と浸透性の高いオイル系の、どちらを使うか悩む方もいらっしゃいますが、ママ友はクリームを使っていました。私も2人目で同じクリームを使いましたが、伸びがよくて腰やお尻の方まで、しっかり塗ることができました。

美肌は一日にしてならずといいますが、妊娠初期から妊娠線予防クリームを使い始めれば、双子ママであっても妊娠線を作らずに済むかもしれません♪

妊娠線は防げる!

双子を妊娠したからといって、100%妊娠線ができてしまうわけではありません。

 

私のママ友は、5本の妊娠線を作りました。それでも、もし妊娠線対策をしていなかったら、もっとひどい状態になっていたことでしょう。病院によっては、妊娠線に対する指導を全く行ってくれないようですね。

女性にとって、大きなコンプレックスになる妊娠線。あなたの努力次第で、良い結果につながるはずです。

ちなみに、2700gの双子を産んだママ友が使っていた妊娠線予防クリームは、こちらのランキング2位のクリームでした。参考にしてくださいね♪

コレは効果あると実感できる妊娠線予防クリームランキング2

おすすめ妊娠線予防クリームランキング

▼ タップして知りたい情報にジャンプ! ▼

-体質別の妊娠線予防

Copyright© 妊娠線予防クリームで綺麗ママを目指そう! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.