妊娠線予防のために知っておきたい情報満載です

妊娠線予防クリームで綺麗ママを目指そう!

部位別妊娠線の予防方法

我慢できない!妊娠中に胸がかゆい原因と妊婦のバストケア方法

更新日:


胸の下をポリポリ、乳首をかきかき。妊娠中の胸のかゆみって、地味に困りますよね^^;

人前だと搔くこともできないし、外出中にかゆくなったらという恐怖心で、家に引きこもってしまう妊婦さんもいらっしゃいます。

刺激すると更に悪化し、肌荒れ・湿疹、妊娠線ができる原因になってしまいますよ。

 

多くの妊婦さんの悩みである、胸まわりの肌トラブル。なぜかゆいのか?どうしたらかゆみを治せるのか?

一緒に解決していきましょう♪

 

妊娠周期ごとの胸の肌トラブル

妊娠したとわかってからすぐに胸のかゆみを感じたり、妊娠中期で胸がぐっと大きくなる時期に肌荒れを起こす人がいたりと、

体質のよって胸のかゆみがでる時期が違います。

それぞれ別の原因がありますので、まずは妊娠周期ごとの胸の肌トラブル原因をご紹介します。

 

妊娠初期

妊娠初期は、胸が張るような感覚があり時々ズキっとしたり痛みがある場合も。

妊娠により女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が分泌され、乳腺が発達するためです。妊娠してすぐに、赤ちゃんに母乳をあげる準備が始まるんですね。

乳腺の発達すると、とくに敏感になるのが乳首。

妊娠前よりも黒ずんで大きく膨れ、ブラジャーにこすれるだけでかゆく感じてしまうこともあるでしょう。

 

妊娠中期

妊娠中期に入ると、つわりがおさまり食欲が出てきます。お腹がふくらんで、妊婦さんらしいスタイルになります。

赤ちゃんの成長とともに、胸のボリュームもアップ!

妊娠前より2カップも大きくなるかたもいますし、ずっしり重たく感じるでしょう。

ここで起こる胸の肌トラブルが、あせもや湿疹などの肌荒れです。妊娠中は体温が上昇し汗をかきやすいので、ブラジャーの締め付けにより蒸れてかゆくなりやすいのです。

また、胸が大きくなると肌が引っ張られて皮膚が乾燥しやすくなります。

蒸れと乾燥を繰り返すと、かゆみが加速!気がつけば胸全体がかゆくなり、病院で薬を貰う必要が出るかもしれません。

 

妊娠後期


妊娠後期には、さらに胸が大きくなります。気をつけたいのが、胸の下や脇ふきんにできる妊娠線です!

妊娠線はお腹にだけできるものと思っているかたが多いですが、急激に膨らんだ胸の皮膚も亀裂が入りますので、かゆみを感じたら危険信号と覚えておきましょう。

他にも、ホルモンバランスの変化による妊娠性湿疹(赤い発疹)が出たり、胸の下に汗疹ができやすくなります。

 

妊娠中のバストケア方法

胸のかゆみが出る時期は個人差があり、妊娠初期から胸全体がかゆくなる場合もあります。

1人目の妊娠中はかゆみが出なかったのに、2人目は汗をかきやすく発疹も出てしまったという意見もあるので、今は大丈夫だとしても出産まで気を抜かず、スキンケアを続けていきましょう♪

 

胸全体の肌・乳輪・乳首、すべてのかゆみが保湿をすれば改善できます。

とくに、胸が大きくなる妊娠中期以降は保湿が重要で、妊娠線予防をしながら肌荒れをおこさないように、毎日ケアしてくださいね♪

かゆみをおさえるための、2つのバストケア方法をご紹介します。

 

肌の乾燥対策!妊娠線予防クリームで保湿

 

妊娠線予防クリームは、保湿力が高いのでたくさん塗る必要はありません^^

温まって肌が柔らかくなったお風呂上がりと、乾燥する秋から冬は朝の支度をする時に塗ると効果的。

適量を手に取り、胸全体を包み込むように優しく塗りましょう。強く揉んだりマッサージしなくても、ちゃんと浸透するので大丈夫です。

乳輪・乳首にもクリームを薄く塗ります。乳首のねもとにクリームが残ると、ゴミが付いて不衛生になるので気をつけてくださいね。

 

バストサイズが急にアップしたかたは、わきの妊娠線予防もおすすめ。胸の妊娠線は、乳輪の下側にできやすいのですが、皮膚が柔らかく脂肪がつきやすい脇も注意しましょう。

クリームで乾燥をすると、乾燥が原因でかゆみのあった肌のキメが整います。

柔軟で潤いのあるお肌をつくることで妊娠線予防に繋がり、産後の肌トラブルにも予防につながりますね。

 

一般的なボディクリームには添加物を多く配合されているので、敏感肌になっている妊娠中の使用はおすすめしません。

無添加のマタニティ専用クリームをぜひお使いください♪

 

かゆみがひどい場合は病院でお薬をもらう

妊娠性湿疹がでていたり、胸の広範囲がかゆく掻きむしってタダれた・出血してしまった場合には、病院でかゆみ止めのお薬をもらいましょう。

妊娠線湿疹の場合、妊娠周期がすすむか出産をむかえれば自然と治るものですが、治療するお薬はありません。

 

ですが、かき続けるとまわりの広がり、さらにかゆく痛みがでてしまうので、それをおさえるためのかゆみ止めを処方してもらえるはずです。

産婦人科と皮膚科のどちらを受診したら良いか迷うかと思いますが、かかりつけの産婦人科で問題ありません。

処方されるお薬は、妊婦が使用しても安全な成分のみを配合して作られたものなので、安心してくださいね。

 

ドラッグストアに売られているかゆみ止めのほとんが、使用上の注意に「妊娠中の使用は医師にご相談ください」と書かれています。

店員や薬剤師に相談しても、やはり病院の受診を勧められ、市販薬の使用については自己責任となります。病院で処方してもらうお薬なら健康保険が適用されます!

 

病院は混んでるから予約が面倒と思わず、お薬は必ず病院でもらいましょう。

 

乳首にはマタニティオイルを使うのもgood

胸のかゆみは、ブラジャーや衣類の素材も影響しています。

ナイロンなどの化学繊維は刺激がでやすく、肌荒れの原因となります。オシャレな下着についているリボンやレースは、ほとんどが化学繊維でできています。

 

マタニティ用のブラジャーとパンツは、綿100%で保温性と通気性に優れた肌に優しい製品です。

汗せも予防ができて、締め付けずゆったりと胸を保護してくれるから窮屈さを感じませんよ。胸の張りを感じたら、妊娠初期からマタニティ用の下着に変えましょう♪

 

妊娠中はミンナ胸がかゆい?妊娠線も湿疹も多くの妊婦が経験している!(まとめ)

 

胸のかゆみは多くの妊婦さんが経験しています。

妊娠周期がすすみ出産をむかえればかゆみはなくなるので、子育てが始まると胸がかゆくて辛かったことなど忘れてしまうかたも多いですけど(笑)

 

肌のかゆみは妊娠線の初期症状でもあるので、すぐに保湿して肌の潤いを保ちましょう。

湿度が高くて汗ばむ夏は、何もしなくても胸の下に汗が溜まってしまいます。自宅ではゆったりとした服装で過ごし、時々ぬれタオルで体を拭くかシャワーを浴びるといいですよ。

タオルドライしたら、妊娠線予防クリームを全身にぬります。

 

あなたの妊娠期間という特別な時間を、つらい思い出として残して欲しくありません。ご紹介したかゆみの改善方法をぜひおこなってみてください♪

おすすめ妊娠線予防クリームランキング

▼ タップして知りたい情報にジャンプ! ▼

-部位別妊娠線の予防方法

Copyright© 妊娠線予防クリームで綺麗ママを目指そう! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.