妊娠線予防のために知っておきたい情報満載です

妊娠線予防クリームで綺麗ママを目指そう!

管理人プロフィール

るるママ

はじめまして!当サイトにお越しいただきまして誠にありがとうございます♪
私は管理人のるるママと申します(*'ω'*)

このページでは私の自己紹介と【妊娠線予防クリームで綺麗ママ】のサイト名に込めた想いをお話しようと思います♪

るるママってどんな人?

◆名前・・・・・るるママ
◆出身地・・・・神奈川県
◆年齢・・・・・30代半ば
◆家族・・・・・夫、3才と5才の娘
◆ペット・・・・オス猫2匹
◆趣味・・・・・レース編み

初めての出産は29才の頃。結婚して4年目にしてやっと授かった赤ちゃんの成長を、ドキドキしながら過ごした妊娠生活でした。

本当にドッキドキでした(TT)

 

その理由は…

・つらかった妊娠中期まで続いた吐きつわり
・かゆすぎる上半身にできた妊娠性湿疹
・いつできるかわからない妊娠線

 

噂には聞いていたけど、吐きつわりはシンドいものでしたねー。
立ち仕事をしていたため、就業中に何度も休憩室で休ませてもらったり早退したり…。

何も食べれない日もあって、
体重が3㎏落ちてしまった時は、赤ちゃんが元気に育つのか心配で眠れませんでした。

安定期に入って吐き気が治まると、食欲が出てあっという間に太りましたけど(笑)

 

妊娠性湿疹は、聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんね。
ママと赤ちゃんでは持っている遺伝子が違うので、ホルモンバランスが崩れて湿疹が出やすくなっちゃうんです。

私はお腹と胸の周りに蕁麻疹のような赤い小さなツブツブがいっぱできで、
病院で漢方薬と塗り薬をもらって何とか治しました…。

 

そして最後の大問題。「妊娠線ができることへの恐怖心」

私の母のお腹にはマスクメロンの網目を思わせる強烈な妊娠線がいくつもあって、
凄く痛々しい姿だったんです…。

子供の頃、一緒にお風呂に入るたびに言われたのは
「あなたとお兄ちゃんがお腹にいたからこうなったのよ」

夏の汗ばむ季節になると、妊娠線がむれて痒くなる。
冬の乾燥する季節には、妊娠線がつっぱって痛くなる。

これをリアルに見せられていたので、赤ちゃんを産むって大変なんだなぁ(゚Д゚;)と
完全にトラウマになっていました。

 

いざ自分が妊婦になった時は怖くて怖くて!

 

妊娠線を作らないために薬局で妊娠線予防クリームを買ってきて、妊娠初期から塗りました。
臨月までお腹はツルツル!いつ陣痛がきてもおかしくないという時に……

 

出来ちゃいました。一度できたら消えないという『妊婦の勲章』

なんで?どうして?ちゃんとケアしていたのに~(TT)

 

妊娠線ができるできないは、体質が大きく影響していると言われていますが、
適切にケアしていけばできにくくなるはず!

 

そこで次女の出産の時は、妊娠線予防の情報を徹底的に調べました。
妊娠線予防クリームもいろんな種類がありますし、クリーム以外の対策もとっていくことが重要だったのです。

ケアのかいもあり、次女の出産時には妊娠線はできませんでした♪

周りのママ友達も妊娠線予防方法に悩んでいて、相談されることも多かったですね。

 

「そっか、自分だけでなく妊婦さん皆の悩みなんだ」
そう強く感じるようになりました。

 

『妊娠線予防クリームで綺麗ママ』のサイト目的

このサイトでは、私が調べてきた妊娠線予防の情報&おすすめの妊娠線予防クリームを、
これからお腹がぐんぐん大きくなるプレママの皆さんに紹介し、
産後もビキニが着られるくらい綺麗なお肌を保っていただきたいと思っています(*'ω'*)

 

『妊婦の勲章』は子供の成長だけで十分です!!!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
あなたが楽しいマタニティライブをおくるお役にたてればいいなぁと願っております♪

更新日:

Copyright© 妊娠線予防クリームで綺麗ママを目指そう! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.